神のビール

2015.07.31

FullSizeRender (12)

先日、我が家 で開催したテラスBBQでとっても美味しいビールを

差し入れに頂きました♪その名も【神のビール・DEUS】

余りの豊潤さにこれがビールなのか!?と驚きの口当たり・・・。

ドンペリを意識したのではないかと思われてしまうこのボトルスタイル

&ラベル(笑)ボトルの底も・・・心配しないでください!ちゃんと履いてますよ!じゃなくって!!澱が溜まるよう凹んでますよ♪

 

ビールなのにも関わらずアルコール度数11~12度という何ともファンタスティックなこの神のビール・・・。

デイリーなものではないですが、大切な仲間との集まりの時にこそ

楽しい時間を更にアップさせてくれるに違いないこれ、一口頂いてすぐアマゾンで大人買い。

美味しいお酒と食事、そして楽しい仲間との集まりはお財布のひもが緩みます(笑)

ちょっとググってみました。

【ベルギービール】
デウスの特徴

一目見るとシャンパンと間違えそうな外観のこのビールは、とても複雑な工程を経て造られており、言ってみればシャンパーニュ製法で造られたビールだそうです。
最初はベルギーで仕込み、一次発酵の後、二次発酵ともいえる熟成を行い、
その後フランスに運び、発酵用の糖分と酵母を加えて瓶詰めし、瓶の中で三次発酵を行い、数ヶ月の熟成期間を経ますが、ここからが特にシャンパーニュ特有の工程となります。
まずルミアージュ(動瓶)。瓶を斜め下向きに傾けて並べ、毎日少しずつ回転させてじょじょにボトルを立てていき、澱を瓶口に集めます。
次にデゴルジュマン(澱抜き)。瓶口を凍らせて仮の栓とともに澱を取り除き、ドサージュ(補酒)。澱抜きで減った部分にリキュールを加え、最後にコルク栓をして出来上がりです。
輝きある透き通った黄金色。
花の香り、ミント、青リンゴ、ジンジャーなどの爽やかな香り、また洋ナシ、かりん、あんずといった甘い果実の香りもあり口に含むと強い発泡がありとても複雑な味わいでシャンパンに近い感覚です。
含み香にりんごやクローブの香りを感じながら最後にアルコールからの辛味、長い余韻を楽しむことができます。

Category

Calendar

2021年1月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 

Copyright (c) 2007ma maniere.ALL Rights Reserved.